雪かき

雪かき

雪かきをする時のコツを伝授 そのほか、多種ある道具の紹介 オススメサイトの紹介なんかもしていますよ。 ごゆっくり見ていってください。

日曜日の秘密基地 > 雪かき

雪かき 除雪

近年は毎年大雪に見舞われる都心、

暖冬って言葉良く耳にするのに降りすぎですw

日本の気象予報もまだまだですwなどと言っても降るときは降ります。

そんな都心の大雪の備えとして道具はそろえることもちろんですが、

雪かきが楽になる除雪ポイント伝授!!

まず服装ですが、手足はぬれないように完全防備で作業する。

手足がぬれるとかじかんだりして作業効率が一気に落ちます。

ゴム手袋や、長靴で防備してから作業が必須です。


雪が降ってきたら、少量でも一度雪かきをしましょう。

一気にまとめてやると体に負担が大きくなります。

少なければすぐ終わるし、疲れてころぶリスクも減らすことが出来ます。


雪の積もりが少ないときは、スコップを使わずに

ホウキを使ったほうが枝が長く腰の負担が減りおすすめです。

さらに少ないときは、バケツに温水を入れて撒くだけで雪が消えてくれます。

少量ならちりとりでもじゅうぶんいけます。


ですが、朝起きたら大雪!!ってときは上記の簡易道具はぶっ壊れるので

雪かき用スコップは必須です。

そしてスコップの使い方は雪をサイコロ状に切ってから持ち上げる雪に近づき、

腰を落として持ち上げましょう。

さらにいうと、足腰の力をつかって雪かきをしましょう。

腕の力だけだとすぐ力尽きます、次の日筋肉痛になってしまいますよ

以上いろいろ書きましたが、まず道具がないと話になりません。

オススメの雪かきグッズ店はこちら
    ↓

 

雪かき 道具

雪かきにあったほうがいい道具3つ紹介です。

スノースコップ

雪かき道具の代表格。角スコップのブレードを少し大きくし、

材質をプラスチックやアルミにして軽量化を図っている製品が多い。

 

ママさんダンプ

雪かき道具の定番で、比較的広い範囲の雪をまとめて運ぶには欠かせない道具です。

突き刺して雪をすくい、そのまま押して雪を運びます。

固い雪の場合、スコップで崩して雪をバラバラにしてからダンプに乗せます。


プッシャーラッセル

雪かき道具の中では比較的新顔ですが、あっという間に広まりました。

雪を持ち上げることなしに、ブルドーザーのように、雪を押して移動させるのに使います。

降ったばかりの新雪や、ばらばらになったざらめ状の雪を移動させるのに威力を発揮します。

 

以上道具の紹介しましたが必要になったとき買うのでは遅いです。

みんなも同じことを考えるので売り切れ必至です。

都心でも毎年振るようになっている雪、人生80年いきたら必ず使います。

備えあれば憂いなし、用意しておいたほうが良いです。

買って帰るのは重いので最終的にネットで買うことをオススメします。

オススメのサイトはこちらです。

        ↓

 

 

雪かき トップへ戻る