空気清浄機

空気清浄機

空気清浄機のサイトです。

日曜日の秘密基地 > 空気清浄機

空気清浄機 おすすめ

オススメの空気清浄機は
デザイン賞受賞、マイナスイオンを55万個放出する空気清浄機イオンフロー 50です。

☆マイナスイオン55万個放出☆
この空気清浄機はJISB9929に準拠した測定により、1立方センチ内に55万のマイナスイオンを放出している事が認められました。

☆デザイン賞を数多く受賞☆
世界的なデザイン賞を数多く受賞しています。
インテリアとしても映え、様々なシチュエーションにフィットします。清浄機能も損なってないです。

☆消臭効果も兼備☆
消臭効果も兼備しているので、ペットの臭いが気になる方にもオススメ!
その他にも、フィルタ交換不要・優れた静音性・オゾンを発生させない安全性などなど優れた機能を搭載してい
ます。

加湿空気清浄機

冬の乾燥した空気を正常にしてくれる加湿機能がついた空気清浄機です。

空気清浄機に利用される加湿の方式には

ヒーター式"と 気化式の2種類があるそうです。

特徴としては ヒーター式"は加湿能力が高いのですが、

電気で水を熱して蒸発させますので、その分ランニングコストがかかります。

また、そのように電力を使う分、室温も若干上がるはずです。

逆に 気化式は、水分を含んだフィルターに風を当てて、湿度の高い風を発生させ、

それを室内に送り出します。この方式では消費電力は少なくてすみますが、

その分加湿能力も高くありません。

また、水か気化する時に周囲の熱を奪いますので、出る風は室温より若干冷たくなります

ただ、家庭用の加湿空気清浄機には気化式で十分のようで、ほぼ全ての機種でその気化式が採用されています。

加湿能力自体を比べる場合には、有名メーカー製の高額機種ではほぼ性能の差はないようです。

28畳~30畳用の製品では、どれも1時間に約600mLを加湿する能力を持ちます。

加湿機能は横並びなので空気清浄機の別の機能で勝負しているようですね。

 

空気清浄機 フィルター

空気清浄機についている加湿フィルターの交換不要期間は、どのメーカーでも高額機種だと約10年、

低価格機種だと約2年程度で、基本的に差はありません。

ただ、加湿フィルターは時々洗浄が必要なのですが、その頻度には多少の差があります。

東芝 ⇒ 約3ヶ月に一度
シャープ ⇒ 約1ヶ月(720時間)に一度
日立 ⇒ 約1ヶ月(720時間)に一度
ダイキン ⇒ 約1ヶ月に一度
パナソニック ⇒ 約1ヶ月に一度
三菱 ⇒ 約3~4週間(下位機種は約1~2週間)に一度
サンヨー ⇒ 約2週間に一度


これらの数値はあくまで目安であり、水質等により実際は異なりますが、

一応こういう表記がなされています。

正直言って使ってみないと分かりません。空気清浄機を使ってみたいけど二の足踏むと言う方

レンタルしてはいかがでしょうか?気に入らなければ返却して完了です。

購入と違って、返品ではないので心も痛まないですよね。

さらにうれしいことにレンタルしている間は機器のメンテナンスもしてくれます。

面倒なフィルター交換も担当の人がやってくれるので楽です。

せっかく空気清浄機買っても数年後フィルターがカビだらけで使うのは本末転倒ですからね。

今そんな便利な空気清浄機をレンタルする会社があるんです。それはこちら↓

 

 

空気清浄機 トップへ戻る