こたつ

こたつ

寒い冬に重宝するこたつ 得するテクニックの伝授!! さらに選び方、豊富な種類の紹介などをしています。 なにげに奥が深いですw

日曜日の秘密基地 > こたつ

こたつ 豊富

こたつの形は豊富で長方形、正方形のもの以外にも楕円や、ちゃぶ台型などがあります。

使う人数によって選ぶ方法と、オフシーズンどうやって使うかと言った方面から選ぶ方法あります。

まず形です。

長方形は、4~6人で使用することを想定した場合に、ぴったりのサイズです。

正方形は、コンパクトサイズが主流。一人暮らしのお部屋にぴったりのサイズ、

円形タイプは比較的コンパクトなサイズが主流です。丸い形でお部屋に威圧感を与えません。

ただし、こたつの脚より天板が外側に出るので奥行きが深くなり、

同サイズの正方形タイプより広い空間が必要になります。

こたつの脚2種類のタイプがあります。

普段どのように使用するか、オフシーズンはどうするのかを考えて選ぶとよいでしょう。

ヒーターが薄型になり、天板も固定できるようになり、オフシーズンもローテーブルとして使用する方が増えており、固定脚タイプのこたつが増えてきました。

凝ったデザインの脚は固定式であることが多くなっています。

オフシーズンはこたつを収納するという方、頻繁に移動する機会があるという方に

折れ脚タイプがおすすめです。折れ脚タイプの脚は、工具要らずで簡単に折りたためるので便利です

機能ばかり書いてきましたが、こたつでもお洒落したいひとはココがオススメです。

参考にしてみては以下かでしょうか?

               ↓ ↓

 

こたつ 布団

こたつと言えば布団!形や脚が決まった方は布団選びです。

色デザインに目が行きますが大きさが重要です。短すぎても長すぎてもよろしくありません。

ではベストサイズっていくつなの?それは、、、

コタツと掛け布団のベストサイズは、各辺の長さ+100cmです。

たとえば、120×80㎝という長方形タイプのこたつの場合、

それぞれに100を加えて220×180㎝の掛け布団がちょうど良いということになります。

きりがいい数字なので簡単に計算できますね。

ただし、部屋の広さにも影響されるので、家具を置いているスペース分などは必ず引いて計算に入れましょう。

 

こたつ 電気代

コタツの電気代は安いです。エアコンに比べると格段に安いのでお財布に優しく、エコです。

頭寒足熱で頭が冴えやすくなりますし、一家団欒の場としても活躍します。

ただし、コタツの中で洗濯物を乾かしたり、寝たりしないでくださいね。

火事や風邪の原因になります。

風邪引いたり、火事を起こしてしまったらエコで節約した何百倍も損します。

使い方をくれぐれも間違えないようにしてください。

 

こたつ トップへ戻る